AdobeStock_109605508.jpeg
​研究実績・発表論文について
​代表的な研究テーマ
Research
system.webp

​システムデザイン/

システムシンキング

yazhirushi.png
398121_9a44303ab71940a4ad5aceca3a3a97c6_

​技術要素分解法

yazhirushi.png
AdobeStock_291867279.jpeg

宇宙飛行士訓練を応用したリーダーシップ開発

yazhirushi.png
yazhirushi.png
​発表論文について
Research
Pro.png
2021年度
 
  1. Huang, Y., Minato, N., Ng Jia Yun, F. (2021). Evaluating user expectations for mobile travel applications. International Journal of the Japan Association for Management Systems. Vol.12 (accepted)

 
Pro.png
2020年度
 
  1. 菊地啓太, 湊宣明 (2020). 提供価値と製造コストを両立させるオンライン・カスタマイズ型ソフトドリンクの設計. 日本経営システム学会誌, Vol.37, No.2, pp.91-96. ※査読付

  2. ​​​​吉田崇花,湊宣明,佐藤みずほ (2020). SD法を用いたグルテンフリー食品の製品パッケージデザイン. 日本感性工学会誌. DOI:10.5057/jjske.TJSKE-D-20-00015 ※査読付

  3. Ying, H., Minato, N. and Florence Ng Jia Yun. (2020). Evaluating User Expectations for Mobile Travel Applications. International Journal of Japanese Association of Management System. (under review)※査読付

  4. 鬼頭一哉, 湊宣明 (2020). 映像への雑音付与による,ポテトチップスの印象と支払意思額への影響. 日本経営システム学会第65回全国大会, 立命館大学, 2020年11月.

  5. 村嶋優吾, 湊宣明 (2020). 協調的な動的価格設定による航空会社収益の変化. 日本システム・ダイナミクス学会, JSD Conference 2020, 2020年11月.

  6. 湊宣明. (2020). 宇宙航空オープンイノベーション. 日本マーケティング学会, Conference 2020, 法政大学, 2020年10月.

  7. 鬼頭一哉, 湊宣明. (2020). 映像への雑音付与による、ポテトチップスの印象と意思支払額への影響. 日本マーケティング学会, Conference 2020, 法政大学, 2020年10月.

  8. 吉田崇花,湊宣明,佐藤みずほ (2020). SD法を用いたグルテンフリー食品の製品パッケージデザイン. 第22回日本感性工学会大会, 2020年9月.

Pro.png
2019年度
  1.  Management System (IJAMS), Vol. 11, Issue 1, pp. 103-110. ※査読付

  2. 山口広大, 湊宣明 (2019). Personal Air Vehicle(PAV)に対するユーザーの価格感度に関する研究. 日本経営システム学会第63回全国大会, 神戸学院大学, 2019年11月.

  3. 山口広大, 平山大貴, Yang Cheng, 湊宣明 (2019).  空飛ぶクルマはいくらで買えるのか?-重回帰モデルによる価格推定と価格感度測定. 日本マーケティング学会, Marketing Conference 2019, 法政大学, 2019年10月.

 
Pro.png
2018年度
  1. 菊地啓太, 湊宣明 (2018). Colored Mosaic Matrixを応用した商品カスタマイズ過程の分析. 日本経営システム学会誌. ※査読付

  2. 菊地啓太, 湊宣明 (2018). カスタマイズ型商品のWEB購入プロセスにおける価値要素分析. 日本経営システム学会誌. Vol.35, No.1, pp.91-96. ※査読付

  3. Yamaguchi, K., Lou, J., Minato, N. (2018). Estimating the prices of personal air vehicles using open data. Proceedings of the ISPIM Connect Fukuoka. Fukuoka, Japan.

  4. 菊地啓太, 湊宣明 (2018). 提供価値と製造コストを両立させるオンライン・カスタマイズ型商品の仕様決定過程の設計. 日本経営システム学会第61回全国大会.(愛知産業大学, 2018年10月)

  5. 山口広大, 湊宣明 (2018). Personal Air Vehicle(PAV)の価格推定モデルの開発. 日本経営システム学会第61回全国大会.(愛知産業大学, 2018年10月)

  6. 菊地啓太, 湊宣明 (2018). カスタマイズ型商品における仕様決定過程の可視化手法の提案. 日本経営システム学会第60回全国大会.(横浜商科大学, 2018年5月)

  7. 荒牧輝, 湊宣明 (2018). 非財務指標を用いた航空会社の破綻確率推定モデルの開発. 日本MOT学会研究発表会2017, 山口大学, 2018年3月.

  8. 東本有生,葛西悠葵, 湊宣明 (2018). Space Flight Resource Managementを援用したテレワーク研修の開発. 日本MOT学会研究発表会2017, 山口大学, 2018年3月.

Pro.png
2017年度
 
  1. 新宮匡洋, 湊宣明(2017). オーファンドラックの売上高に影響を与える要因. 日本マーケティング学会. Marketing Conference 2017, 早稲田大学, 2017年10月.

  2. 吉田崇花, 湊宣明(2017). 宇宙食開発の時系列変化と発展の可能性. 日本マーケティング学会. Marketing Conference 2017, 早稲田大学, 2017年10月.

  3. Kikuchi, K., Minato, N. (2017). Online customization in food and clothing purchases. International Conference of Business and Information (ICBI2017). Seijyo University, Nagoya. October 2017.

  4. 菊地啓太, 湊宣明 (2017). カスタマイズ製品の購入プロセスにおける価値要素の特性. 日本経営システム学会第58回全国大会. (東京経済大学, 2017年5月)

Pro.png
2016年度
 
  1. 高橋哲郎, 湊宣明, 損害自動車を対象とした経済価値評価モデル, 日本経営システム学会, 第56回全国研究発表大会, 横浜市立大学, 2016年6月.

  2. 畑本敬博, 湊宣明 (2016). 有価証券報告書のテキストマイニングによる高利益・低利益企業の特徴分析, 日本経営システム学会, 第56回全国研究発表大会, 横浜市立大学, 2016年6月.

 
Pro.png
2015年度
  1. Vee Kuan Chew, Minato, N., Nakano, M. (2015). Business System Model of Battery Swapping Management for Transportation Fleet and Energy Storage System. Proceedings of International System Dynamics Conference 2015. Boston, MA, U.S.A.Endo, K.,

  2. Endo, K., Minato, N., Nakano, M. (2015). User Benefit Analysis for Hypersonic Air Transport Services -Comparative Study with Subsonic and Supersonic Flight Services-. ATRS2015. National University of Singapre, Singapore. July 2015.

 
Pro.png
2014年度
  1. 竹岡紫陽, 湊宣明, 小林冬馬, 遠藤一輝 , 田口秀之, 安田大介, 米井佑輔 (2014). 極超音速ビジネスジェットの経済性評価モデル構築に関する研究. 研究・技術計画学会第29回年次学術大会. 立命館大学. 2014年10月.

  2. Minato, N., Kobayashi, T. (2014). A user preference analysis for a hypersonic air transportation service . ATRS2014. Air Transport Research Society. July 2014, Bordeaux, France.

 
Pro.png
2013年度
  1. Yasuda, A., Minato, N., Toma, T. (2013). Why do people purchase free-downloadable music software?-Systems evaluation on Japanese music consumer behavior using Bayesian Network Modeling-. APCOSE2013. Asia Pacific Conference of Systems Engineering. September 2013, Yokohama, Japan.

 
Pro.png
2012年度
 
Pro.png
2011年度

Minato, N., Morimoto, R. (2011). Designing commercial sustainability of unprofitable regional airport using system dynamics analysis. Research in Transport Business and Management. Volume 1, Issue 1, pp.80-90. ※査読付

 
Pro.png
2010年度
  1. Minato, N. (2010). Creating economic value by space brand system. Space and Economy Symposium. Toulouse, France, June 2010.

  2. Okamura, S. Minato, N. (2010). Communication system dynamics for effective demand creation. GLOGIGT2010. Global Conference on Flexible Systems Management. Yokohama, Japan, July 2010.

  3. 湊 宣明, (2010). 「航空機産業ビジネスとマネジメント教育」, 飛行機シンポジウム論文集, 日本航空宇宙学会, 静岡.

 
Pro.png
2009年度
  1. 今村, 湊 宣明, 神吉, 田口,他(2009).「極超音速旅客機に対する複合領域最適設計と商業成立性分析」、Multidisciplinary Design Optimization and Commercial Analysis for Hypersonic Transport Aircraft、宇宙科学技術連合講演会、2009年9月

  2. 今村, 湊 宣明, 神吉, 田口,他(2009). 複 合領域最適設計と商業成立性分析による極超音速旅客機の構想検討. Feasibility Study on Hypersonic Transport Aircraft using Multidisciplinary Design Optimization and Commercial Analysis、飛行機シンポジウム2009, 2009年11月

  3. 今村, 湊 宣明, 神吉, 田口 他(2009).極超音速機の商業成立性検討. 平成20年度宇宙輸送シンポジウム, 2010年1月.